浦和歯科の歯周病治療 Periodontal disease

小児歯科とは

小児歯科は、乳歯が生え始めるときから顎の成長が止まるまでの期間です。
永久歯が生えそろうだけではなく、顎が成長し歯並びが整うまでの間となるため、高校生くらいまでは小児歯科となります。

小児にも適した個室診療

小さなお子さまをお連れの親御様は、他の患者に迷惑が掛からないか、診療以外の時に動き回って困ると言った声を聞きます。診療中もお子さまとの距離が離れない、治療内容をチェアサイドで聞くことができることを希望するのではないでしょうか。
浦和歯科では、周りを気にせずお子さまの治療をチェアサイドで聞くことができる個室診療です。
チェアのすぐそばには、キッズスペースもご用意しているので、スタッフからの説明を聞いている間もお子さまが離れることはありません。

また思春期で、歯医者に通うことが恥ずかしい・知り合いに見られたくない学生の方も個室診療はお勧めです。
スタッフとマンツーマンで、他に患者もいないため聞きたいことを聞ける、気が散ることもありません。
ゆっくりとお子さまの治療を丁寧に行える環境が整え、お子さまの歯科治療をサポートいたします。

小児にも適した個室診療

浦和歯科の小児歯科

幼少期の歯は、大人が思っているよりも弱く柔らかいため、すぐに虫歯になってしまいます。
表面がまだ硬くなっていないことから、一度虫歯になると進行も非常に早いので注意が必要です。

浦和歯科では、お子さまが虫歯にならないように、親御様とともに歯の大切さをとても丁寧に教えています。

歯磨きの難しさ

何気なく毎日行う歯磨き。こちらのサイトを見ている皆さんにとっては当たり前のことです。
当たり前の歯磨きも、小さなお子さまにとってはとても難しく、きちんと出来ない大変な作業です。
浦和歯科では、まずお子さまに歯磨きはとても大切で毎日ちゃんとやるといいことがあるよと教えるところから始めます。

歯磨きをするメリット、歯磨きは毎日するもの、歯磨きは自分からやることと段階を踏んでゆっくり伝えます。
1度ではお子さまは理解することが出来ないため、時間をかけて何度も何度も歯磨き・予防を教えます。
ここではお子さまだけではなく、親御様も一緒に聞きご家庭でも教えられるようにします。

お子さまだけで負担を抱えるのではなく、一緒にやっていく意識を持ち子供に促していくためです。

歯磨きによって、歯が綺麗になり虫歯にならないから痛い思いをしなくて済むことが分かるまで共に頑張りましょう。

歯磨きの難しさ

幼児期の虫歯

小児期、特に乳歯や生え始めたばかりの永久歯は非常に柔らかく虫歯になりやすい状態です。
乳歯などで、歯の表面の一部が白くなっていることがありますが、あれは初期の虫歯が始まっている証拠です。
代表的な初期虫歯の症状は、奥歯の黄色い斑点や前歯の白い斑点です。

大人と違い、子供の歯は虫歯の進行が非常に早いため、そういった初期症状が見えやすくすぐに悪化します。
まだ初期症状の段階であれば、修復できるため歯磨きを徹底することで未然に防ぐこともできます。

乳歯は特にエナメル質という表面の組織が薄く柔らかいため、進行が非常に早く細心の注意が必要です。
一度虫歯になってしまうと、連鎖するように他の歯も虫歯になることが多く、絶対にならないようにしましょう。
お子さまの年齢的にも、自分でチェックすることは難しいので、親御様が積極的に注意を払うことです。

フッ素でお子様の歯を強く!

生え始めの歯は、先ほども言ったようにまだまだ硬さが足りず、虫歯になりやすい状態です。
お子さまの歯が早く健康に成長するため、歯の成長と硬質化を促進させるフッ素を浦和歯科では塗布します。
フッ素を塗布することで、

  • ・虫歯菌の出す酸に耐えられる歯の表面にする
  • ・唾液成分に含まれる歯の再石灰化(修復)を促進
  • ・虫歯の原因となる菌の活動を抑える
3つの効果が得られます。

お子さまの歯が丈夫に、そして健康に生えるように、浦和歯科ではフッ素塗布をお勧めしています。

浦和歯科で定期チェック

お子さまの歯が成人したとき虫歯のない健康なお口になるように、定期的な検査を推奨します。
歯磨きだけでは綺麗にできない部分の汚れを取り除くだけではなく、歯並びや虫歯のチェックを致します。
親御様にとっても、お子さまのお口をプロの目で見ることで、どういったことに気を付けるべきか分かるはずです。
お子さまのデンタルIQを高めるだけではなく、親御様も共に歯の知識を高めていきませんか。

ご予約・ご相談は

Tel.048-856-6661

  • 受付:月・火・水 9:00~17:00
  • 土 9:00~18:00

webでのお問い合わせ